セルフネイルはオフィスではどんなものなら大丈夫?

最近ではセルフジェルネイルキットの大流行で、ネイルを自宅で手軽に楽しむ方が多くなってきています。
その一方で、セルフネイルが職場ではどんなものなら良いのか分からないという悩みを持っている方もおられます。

 

どんなにセルフジェルネイルがオフも簡単だとは言っても、それなりに手間が掛かるので、週末はオシャレなネイルが楽しめても月曜日になるたびにオフしなければいけないのは大変ですからね。
そういった職場側の理由でネイルに対して積極的になれない悩みは、こんな経験がきっかけになった方もいるようです。

  • 職場の上司にネイルが派手と注意された。
  • 接客業だとお客様の中にはネイルを好まない方がいるかも知れない。
  • 私の職場ではネイル自体が禁止されている。

3番目に該当する方は仕方ないですが、上司に注意されたという方や、接客業の方などでセルフネイルに対して消極的になっている方は、勿体ないと言わざるを得ません。

 

例えば派手だと注意された方なら、グリッターなストーンなどは一切いれずに清楚な感じの肌色に近いカラーのネイルならば目立つことはありませんし、接客業の方でもおとなしめのデザインで、爪のツヤや美しさが表現できるベースのみに肌に近い色合いの組み合わせならば、逆に清潔感を表現する事が出来るので、却って好感度が上がる可能性だってあるんですよ♪

 

セルフネイルに積極的になれないオフィスや職種などの都合はあるかも知れませんが、そういったものを工夫で乗り越えることが出来るのもセルフネイルの楽しみの一つです。

 

爪は、お客様や上司も含めて結構、目に付きやすいところなので、そこに清潔感やおしとやかな感じを表現出来るデザインのセルフネイルはオフィスや職種を選ばず好感度が上げられるチャンスなんですよ♪

 

今ではジェルネイルというものは大学生や高校生中学生に混じって ol さんでも人気のある指先のおしゃれとなります。
そんな ol さん抜けにはフレンチネイルやグラデーションネイルドットネイルなどが人気になっており休日用のお出かけネイルだけではなくオフィスでも使えるデザインが人気となっています。
フレンチネイルなどはマスキングテープを使って色の差を作り
その上にトップコートでジェルをのせて完成するということなので人気も高く
またグラデーションネイルもマスキングテープを使って何段階か色の濃淡をつける作ることはできるので人気になっています。
このフレンチネイルはす美咲だけのカラーであってるだけではなく斜めや縦といったラインを作り、
オリジナルのデザインで楽しむことはできるのでセルフネイルという意味ではとても楽しいデザインの一つとなります。

 

今までもマニキュアではこのようなデザインが人気になっていたのですがそれをジェルネイルで行うことにより乾かす時間が一気に短縮し硬化させる妻の臭い刺激臭を短い時間でしか感じないということもメリットになります。
また色々なサイトでネイルを早く乾かすコツなどと言って目を氷水に浸すとかマニキュアを冷蔵庫で保管して冷やしておくなどといったことが紹介されているのですがここで注意しておきたいのがジェルの品質。
現在は国内で販売されているジェルネイル用のジェルは海外製のものが多く出回っており国内で化粧品検査をされていないものが多くあります。
少し少し前では100均のジェルネイルのジェルが爪に発がん性物質が影響を与えるということで自主回収されたニュースがありました。
いくらものが安くてもそういった健康被害にあうようなものは避ける必要があります。
できるのであれば国内の検査をしっかりしているジェルを使うべきでそういったものは同じように壊れやすい海外製の ledライトで硬化するのではなく同じメーカーで国産のもので硬化させる方が得策となります。