爪のでこぼこを治すにはどうすれば良いの?

このページでは、爪のでこぼこが健康的な生活を送って治るには
どのくらいの期間が掛かるのかを説明しています。

 

爪は健康状態を表すバロメーターと言われています。
爪は、1日当たりに伸びる長さが0.1mmくらい(手の爪の場合)となっています。

 

足の爪の場合は手の半分くらいの長さになります。

 

なので、爪がまるまる完全に生まれ変わるには、

  • 手の爪でほぼ半年。
  • 足の爪でほぼ1年かかる。

ということになります。

 

つまり、手の爪が根元から完全にでこぼこしている場合は、
半年間は続けて待たなければならないということになってしまいますね。

 

ガサガサ爪・薄爪・ひび割れ爪を治す
爪の補修・補強・保湿美容液【ツメリッチリペア】の効果や口コミ特集!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
>>ツメリッチリペアの詳細ページはこちら<<

 

でこぼこになってしまう原因をきちんと把握する必要があります。

 

でこぼこのタイプにも複数あり、横線が入っているパターンと縦線、湾曲している3種類があります。

 

縦線の原因としては主に乾燥と言われております。乾燥が原因で老化が早まってしまうので
ハンドクリームやネイルクリームを使用して乾燥から防ぐことが重要です。

 

注意する点としては爪周りの皮膚に揉み込むように塗布することで
潤いを逃さずに維持することができます。

 

ボトルタイプは持ち運びやすい容器になっているため、
プレゼントとしても利用されております。

 

毎日の食器洗い、水周りの作業によって乾燥が起こりやすくなります。

 

洗剤などに含まれている成分に気をつけたり、ゴム手袋を着用するなどで予防できます。

 

水を使用した後はきちんとタオルやハンカチでふき取ることで手の潤いまでなくなることを防ぎます。

 

自然乾燥などは行わず、蒸発する前にしっかりとふき取ることがおすすめです。

 

横線ができる原意としては何かにぶつけたか、栄養不足や不規則な生活が当てはまります。

 

また、甘皮処理を自分で行っている人も爪を傷つけてしまうことのないように注意が必要です。

 

しっかりと甘皮処理を行うことで美しく綺麗に見えますが、
本来はダメージを受けないように保護する役割がある大切なものです。

 

それでも処理したい人ははみ出た余分なものだけを処理するようにすることがおすすめです。

 

自分では甘皮処理する自信がない人はネイルサロンでも行ってくれるので、
経験豊富なプロのスタッフに頼んでみることが一番です。

 

3千円ほどの金額で行ってくれるサロンもありますので気軽にネイルケアを行うことができます。

 

食生活に関してはレトルト食品やカップラーメンなどを多く食べていると
たんぱく質と亜鉛が不足してでこぼこの状態になります。

 

爪の主成分はケラチンというたんぱく質でできており、
代謝を促進する効果がある亜鉛が少ないと状態が悪くなります。

 

爪の生成は寝ているときに行われるため、睡眠も重要になります。

 

睡眠不足だとでこぼこになってしまうので規則正しいリズムで睡眠をとることがおすすめです。
湾曲した場合なども栄養が偏っていたり、足りなかったりすることが原因になります。

 

無理なダイエットを辞めて、適度な運動や十分な睡眠をとることが大事です。

 

自分の食べたものや行動で生成されるのできちんとケアすることが大切です。

スポンサードリンク