ネイルケアに必要な道具はどうやって揃えるの?

今、自分で爪のケアをする女性が増えています。

 

爪が綺麗なだけで女子力がアップして男性からのウケも良くなることでしょう。

 

綺麗な爪を維持していると清潔感がアップします。

 

また、意外と他人から見られている部分でもあるので、正しいネイルケアを行ない美しさを保つ努力をしましょう。

 

ネイルケアは、プロに任せるべきと思っている方も少なくありませんが、実は自宅で簡単に実践することができます。

 

手軽に揃えることが可能な道具を使って本格的なネイルケアが行えるのでチェックしてみてください。

 

まず、ネイルケアに欠かせないのが、爪切りややすりです。

 

爪切りややすりを使ってケアを行うまでには、きちんとお湯などで爪をふやかすことが重要なポイントです。

 

最もおすすめなのは、お風呂上りです。

 

爪が柔らかくなっており、爪切りややすりをかけても爪を傷めることがありません。

 

爪切りを使い際には、巻き爪にならないようにサイドまで切り込まないようにしましょう。

 

また、真っ直ぐ爪を切った後にやすりを使って爪の長さを調整することをおすすめします。

 

爪切りややすりなどの道具を使ってネイルケアを行った後は、キューティクルクリームなどで爪のケアを行うといいでしょう。

 

キューティクルクリームは、爪を柔らかくする成分が入っているので、爪を傷めることがありません。

 

さらに爪の周りにささくれなどが出来てしまっている場合は、毛抜きなどの道具を使ってささくれのケアを行うことも重要なポイントです。

 

ささくれをきちんとケアせずに放置してしまうと悪化してしまうこともあります。

 

毛抜きなどの道具の他にネイルニッパーなどもインターネット通販などで手軽に購入することが可能なので使用してみてはいかがでしょうか。

 

ただし、ネイルニッパーを使用する注意点として簡単に切れてしまうので、45度の角度で使用することが大切です。

 

角度を意識してネイルニッパーを使用しないと出血してしまうこともあるので要注意です。

 

より美しい爪を実現したいのであれば、シャイナーなどを利用するといいでしょう。

 

シャイナーを使って爪をピカピカに磨くことで、トップコートやベースコートを塗らなくても爪を健康的に保ちながら美しく輝かせることが実現します。

 

さらに、しっかりと保湿することで爪の弾力を保つことができ、爪が割れにくくなるので二枚爪になったりするのを防ぐこともできるでしょう。

 

いつまでも美しい爪を維持するために正しいネイルのケアを始めてみましょう。

スポンサードリンク