ジェルネイルキットのUVライトとLEDライトの違いについて

ジェルネイルキットでいろいろなネットショップなどで、おすすめとして紹介されているものの中で、硬化させるライトがLEDライトのものとUVライトのものがあります。

 

両者の違いは、あまりはっきりと知られていない方もおられるようなので、このページではUVライトとLEDライトの違いについて説明したいと思います。
UVライトもLEDライトも、ジェルを硬化させるという目的は同じなのですが、実は両者には大きな違いがあるんです。

 

そのいちばんの違いは光の波長の違いです。

 

特に初心者の方の場合はどちらでもちゃんとジェルが固まるなら一緒と考えてしまう方がいらっしゃるかも知れませんが、爪だけではなく手肌にも優しいのはLEDライトの方です。

 

どうしてかと言うと、先ほど光の波長が違うと言いましたが、この波長の違いが最終的には手の甲や指の甲を日焼けさせてしまったり、さらにはその光(紫外線)から守るために産毛が生えて来てしまったりと言った事も起こってしまう可能性があるんですよ。

 

せっかくキレイなネイルにしたのに、手が日焼けしていたり指の甲に産毛がビッシリなんて言う事になってしまったらガッカリです。

 

最近のジェルネイルキットがLEDライトが主流になって来ているのは、この理由からくるものなんですね。

 

じゃあどう選べばいいの?

次に見ていきたいものが ledライトの中でも様々なメーカーから様々なタイプのものが発売されているのでそういった中で自分にどのタイプのライトはぴったりとくるのかというのを考えていきたいと思います。
少し前までは ledライトで 大事になるポイントとして勝者のワット数つまり 0に対してどれくらいの強さでライトが光を出すことができるのかという力を参考にして選ぶということがありました 昔はこのメールに照射する力が強ければ強いほどジェルネイルというものは早く硬化する子優秀だと言われていました中には36 w などといった大パワーのライトも存在するくらいなんです。
では現在このワット数で選ぶというものはどうなっているのでしょうか 現在は海外のメーカーは除くのですが国産メーカーの ledライトというものはすべてチェックが入っているのでほぼ固まらないということはありません ただしジェルを爪に塗りすぎたり下手な硬化の仕方をすると固まらないということもあるようです。
では照射するワット数を参考にしないのであればどういうポイントで見ていけばいいのかまず最初に見ていきたいのは持ち運びができる携帯用の ledライトかまたは据え置き型のタイプになるのかこの二つが選ぶ基準となって行きます。
この二つは自分がどういったスタイルでジェルネイルを楽しみたいのかというものを まず想像することが大事になります お家でゆっくりとジェルネイルを 施す というタイプが据え置き型。
家でもネイルはやるけれど外出先の お直しというものも考えていきたいなという方には携帯型が向いていると思います。

 

まずは据え置き型か携帯型かこの二つの分岐を うまく選んだ後はそれぞれの中で さらに細かく見ていく必要があります。
次に見ていくのはその ledライトがどういう性能を持っているのかというところとその ledライトの価格がどのぐらいの程度のものになるのかこの二つを見ていく必要があります。
性能というものは例えば据え置き型の ledライトはタイマーがあるのか、どの位の照射時間で固めることができるのか、 ledライトの 保管する際や使用する際に関わってくる大きさはどのくらいなのか、 このような所を基準に見ていきましょう。
価格面に関しては 現在ではかなり安く販売されている ledライトはあるのですがその中の多くのものが中国製や台湾製といった海外製のものが多く流通しています。 信頼のできるの国産性とは違い海外製のものは壊れやすかったり 照射することはできたとしてもなかなか効果してくれないなどといったクレームがあるものも多く存在します。
できるのならば国内で有名なものかつ安いものを選んだ方がいいと思います。

 

 

スポンサードリンク